噂の「すぐやる力 科学的な方法」を調べてみました

健康・美容

噂の「すぐやる力 科学的な方法」を調べてみました

すぐやる力アップで、自分を変え、人生を充実させる3つのキーワード!!
1つ目は「ハーフタスク」を心がける。
脳にとっては、「新しい物=新しい情報」。予測できない情報が多くなると、いつものパフォーマンスが発揮しにくくなる。逆に、いつもと変わらない状況で単調すぎると、脳は退屈して、ここぞという時にやる気を出しにくい。そこで、新しさといつものルーティン(一定の手順)を50%ずつにする。初めて会う人と、いつもの場所に行くとか、いつもの人たちと新しい場所に行ってみるという感じです。そうすると、脳は活性化し、勝手にやる気になってくれます。
2つ目は「触感」を大切にする。
目を閉じれば何も見えず、耳を塞げば何も聞こえない。しかし、どこにも触れないで生きることはできない。視覚や聴覚だけではストレスを感じて「やらないという行動」になる場面でも、触覚から届けられたリアルな情報によって、脳は活性化され、「やるという行動」が生み出されるらしいので驚き!!
3つ目は、「経験的な言葉を使う」
経験を言葉で表すことで、脳が指示を出しやすくなるらしい。日常の中では、一見ムダと思える「雑談」が、実は行動力を高めてくれます。
脳を胃(内臓)だと思って下さい。脳の処理は、胃でいう消化です。
暴飲暴食で負担をかければ胃は消化不良を起こします。脳でいえば、必要のない情報をたくさん与えることで、機能不全になってしまいます。「ポイントは、何かすぐやるべきことがある時には「極力、日常を変えない」「視覚情報を減らす」という省エネ戦略が、脳を「すぐやる!」状態に保つ秘訣だそうです。

1

関連記事

ピックアップ!

カテゴリー

月別アーカイブ