「元気なエイジングには、1日3個」とは!?

健康・美容

「元気なエイジングには、1日3個」とは!?

人体から水を抜くと、脂肪45%、タンパク質43%、あとはビタミンとミネラルとでできています。その中でタンパク質は化学名でプロティンと呼び、その意味は「一番のもの」で、体を作るもとになります。
一日当たり体重1kgに対して1gのタンパク質が必要ですが、食べ貯めができないので、毎日食べることが大事です。
おすすめは、最強のスーパーフードである卵です。
卵1個で約7gのタンパク質が摂取できるので、1日3個食べて健康の質をあげましょう。

(期待できる効果とメニューの一例)
美容=卵と牡蠣…紫外線からの防御(牡蠣のオイスターソース卵とじ)
疲労回復=卵と豚肉…糖をエネルギーに変える(豚肉と卵のミルフィーユ焼き)
精神安定=卵とチーズor牛乳…イライラ解消、安眠(卵グラタン)
脳の活性=卵とマグロ…学習、記憶力向上(ネギトロユッケ)
眼球保護=卵とウナギ…ドライアイ改善(鰻巻き)
ダイエット=卵と羊肉or牛肉…脂肪燃焼(すき焼き、ジンギスカンの卵ダレ)

(食べ方と消化時間)
★ストレスが多いとき→消化の良い半熟卵・温泉卵(1時間30分)
★ダイエットしたいとき→腹持ちが良い固ゆで卵・卵焼き(3時間15分)
ゆで卵(2時間30分)目玉焼き(3時間)
★栄養素を取りたいとき→栄養素を壊さない生卵(2時間45分)

因みに、卵のM・Lも、卵黄の大きさは一緒だそうです。

卵を食べれば全部よくなる

筋肉をつける為にたまごは最高

美の基本は食生活

1

関連記事

ピックアップ!

カテゴリー

月別アーカイブ